スポンサードリンク


HDD復旧プロジェクトサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dotware1121.blog26.fc2.com/tb.php/10-0ea37587

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

HDD復旧プロジェクトサイトトップ >未分類 >>ハードディスクのトラブル

ハードディスクのトラブル

ハードディスクトラブルにはどういった種類があるでしょうか?
一番のトラブルはWindowsOSが立ち上がらないというパターンでしょう。

パソコンを電源ONすると”OSが見つかりません”といったメッセージが表示されることがあります。
このパターンのトラブルは修復出来る可能性があります。

ハードディスクトラブルには論理的な障害と物理的な障害があります。
”OSが見つかりません”といった現象の場合は、
論理的な障害からデータの矛盾が原因でWindowsOSが起動しないと思われます。
論理的障害の場合、チェックディスクと呼ばれるデータの矛盾を修復するコマンドで回復させることが出来る場合があります。

といっても、
チェックディスクコマンドを使用するにはWindowsOSが起動している必要があります。
コマンドプロンプトの黒い画面から、「chkdsk c: /F」と入力することで チェックディスクプログラムが実行されます。
そのためチェックディスクを実行するためにもう一台パソコンと、シリアルATAUSB変換ケーブルが必要になります。

まず壊れたパソコンのハードディスクを取り出し、
それをシリアルATAUSB変換ケーブルに接続します。

次にそれをもう一台のパソコンUSBポートに接続します。
パソコンにリムーバブルディスクとして認識されたのであれば、そのドライブレターを調べます。
おそらくDドライブだったりF、Gだったりすると思います。(マイコンピュータで確認可能)

最後にコマンドプロンプトでchkdsk G: /Fと入力してEnterします。
その後ディスクの修復が走りますのでしばらく待ちます。

終わったら壊れたパソコンにそのディスクを繋ぎなおして電源ONします。
おそらく通常通りのWindows起動が実行されるはずです。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://dotware1121.blog26.fc2.com/tb.php/10-0ea37587

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

dotware

Author:dotware
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。